毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

桜えび

突然ですが由比まで桜えびを食べに行ってきました!!


朝7時前に家を出て最寄りの長岡京ICから縦貫道、京滋バイパス、名神、第二名神、東名阪、伊勢湾岸道、東名と乗り継ぎ11時過ぎには東名清水ICに到着。第二東名が出来てから旧東名はとても空いていてストレスなく快調に走れます。


清水からは1号線を走りますがトラックが多いです。蒲原辺りで旧道に入ると1号線の混雑が嘘のようで車の通行も少なくのんびりとした雰囲気です。由比駅を過ぎてしばらくすると「ゆい桜えび館」が見えてきました。


まだ11時半なので他にお客さんだダ〜レもおりません。(笑)


Img_3908


さっそくお勧めの桜えび定食を注文。
生の桜えび、かき揚げ、桜えびの炊き込みご飯にざるそば付です。


う〜ん、みんな美味しいんですがかき揚げが絶品です!なにも付けずにそのまま食べるのが最高です。
生の方はわさびを少し付けて食べます。


桜えびは駿河湾でしか水揚げされず、ここ由比漁港がトップらしいです。


Img_3894


食堂の隣には加工場がありガラス張りになっていて鰹節や珍しいいわしの削り節を作っていました。


この奥にはショップがあり、いろいろな加工食品を売っています。


Img_3909


腹ごしらえが整ったので旧東海道を歩いて本陣公園内にある東海道広重美術館へ行ってきました。
天気予報では今日はあまりおもわしくない天気だったのですが雲が多いものの、晴れて暑いです。しかし、海風があるので京都に比べれば過ごし易いですね。


Img_3901


「本陣」の正門です。


Img_3899


芝生公園の奥に東海道広重美術館があります。


徳川家康没後400年を記念して家康の整備した東海道をテーマとした歌川広重の代表作「東海道五十三次之内」、「東海道」、「東海道名所風景」が展示されていました。


ここ、由比は日本橋から数えて十六番目の宿場町です。ここの地形は山手に海が迫り、断崖絶壁のさった峠を超えなければならず、新潟の親知らず子知らず同様に難所だったらしいです。現在でも国道1号線、旧街道、東名高速、JR東海道線が寄り添うように通っています。(東名は海の上なので波が高い時は通行止めとなります。第二東名は山側のほとんどトンネル内を進みます。)


Img_3896


広重美術館のそばにおもしろ宿場館というのがあり、地下室に由比家ゆかりのいろいろな物が展示されていました。
写真の琴は250年くらい前の物で多数の虫食いがあり、胴、裏板、部品がバラバラであった物を修復したらしいです。


Img_3902


両端の布の装飾は修復時に取り替えた新しい物らしいですがなかなか見事な物です。
この琴は静岡県内でもっとも古い和楽器の内の一つらしいです。


Img_3903



Img_3904



Img_3907


由比を後に清水IC近くにあるオフコーポレイションのリアルショップ、工房スタイルに立ち寄りました。


倉庫を改装した作りでダークグレーの壁の中央に目を引く赤い扉の出入り口があります。


壁の両側はガラス張りになっており、覗くとプレーナーやバンドソー等の大型機械が備え付けられて実稼働できるレイアウトになっています!内部のドアを開けて奥の部屋へ入ると各種ウッドレースが展示されておりその奥に各種工具やパーツ等が並べられているので実際に手に取って購入することが出来ます。(カッコいい工房感覚のお店です!)
ウエブショップも簡単でいいのですが、物によっては写真だけではイメージが掴みにくい物もあるのと詳しい説明も聞けるので、こんなショップが近くにあるといいですね。


で、もちろんめぼしい物を何点か購入しました!(笑)


Img_3952


明日は浜松の楽器博物館へ行きます。


浜松への途中で休息した牧ノ原SAにこんなピザ屋さんが・・・ピザのトッピングがなんと桜えびやしらすなんです!
晩ご飯にはまだ早いので、ちょっと後ろ髪を引かれながらカプチーノを飲んで次の目的地、浜松へ・・・。


Img_3954



端材で作るトレー本体が完成

コーナーに2mmのスロットカッターで溝を切り、契りを差し込んで接着します。
契りのキーは2.2mm厚に揃えた物を接着前に手で押し込める程度に木殺しをして硬さを確認してから接着剤を溝とキーの両面に塗って押し込みます。接着剤の水分でキーが膨らみ、強固に接合できるという算段です。


Img_3884


接着剤が固まったら釘切り鋸で切り落とします。


Img_3886


6杯のトレー本体が完成しました。


今回はすべて違ったハンドルを付けてみようとおもいます・・・。


Img_3888


いろんな端材もハンドルになります。
左の楓のハンドルは適当な端材がなかったので新しく作りました。
取付けはまだです。取付け方も全部違うのでとても手間がかかります。


Img_3889



Img_3890



カステラ焼けた!

先日カステラ焼き枠を作らせていただいた若きパテシェ殿から報告のメールが届きました!


はい、これが焼き上がり、寸法は何と45cm×40cmもあるんです。これをきれいに切り分けてあのカステラ独特の包装、紙と銀紙(今はアルミ蒸着のポリエステルフィルムですかね?)で包まれて箱に入れられるんですね。



Gedc0040


朴の枠は右下にチョビットだけ写真に写っております。(笑)
正に縁の下の力持ちといったところです。
白く光ったつぶつぶは下に敷くザラメのようです。これがうまく溶けてあのカステラの下の紙にくっついた美味しい部分になるんですねぇ。(ヨダレ←汚いな!)
この紙だけがうまく取れたときは嬉しいんですが、えてして紙の方にあの薄く焦げた美味しいのが残るんですね!
マアそれをコソゲて食べるのも貧乏人の楽しみのひとつですが・・。


Gedc0037


カステラの原材料のようです。この泡をきれいに取り除くのがきめの細かいカステラを焼く秘訣らしいです。
(まちがってたらすんません。)


Gedc0038


オーブンの中でじっくりと焼成中です。


Gedc0039


このカステラを食べてみたい方はどうぞ「バイカル」まで!


糸鋸盤復活

注文していたコンデンサが昨日入荷したので早速取り替えました。


外径は元の物と同じなので付属の取付け金具は不要のため外します。


Img_5584


コンデンサの端子の巾が異なるので配線の先端のファストン端子をちょん切って巾の広い物に取り替えました。
(たまたま手持ちの電気部品の中に在庫がありました。・・半田付けでもいいんですが、めんどうなので・・・)


Img_5585


配線が短くなった分、少し斜めですが問題なく取付け完了。


Img_5587


調子良く動くようになりました。完全復活!!


Img_5590



工事速報-2

今日帰りがけに見ると下側の崩れた斜面のところにH型鋼がたった1本埋め込まれていました。
これを1m間隔くらいに立てて間に鉄板か金網を入れて崩れ止めにするようです。


Img_5592



バックホーの先端には掘削用のアタッチメントが付けられていました。


Img_5595


H型鋼はあと15本置いてあったので・・・1日1本じゃこれだけで15日もかかる・・そんなことはないと思うんですが〜
きっと明日からハイペースで・・やってもらいたいもんです。


Img_5591



寄せ木裏板完成

寄せ木による裏板が完成し、一回目のオイルを塗りました。


Img_3821



#0000のスチールウールで磨いて、またオイルを塗り、拭き取ります。
これを4〜5回繰り返します。


Img_3839



端材で作るトレー


端材がいっぱい貯まってきたのでそれらを活かした作品を作ります。


今回のは端材と言っても正式な?作品を作った時の切り落としや必要な巾、長さを木目を考慮してカットした後の材ですのできれいなものばかりですが、箱に組むと木目が繋がらなかったり色味が若干違ったりします。


今回はその辺は目をつむってということで、できるだけ違和感のない物を選んで組み合わせました。


Img_3834


4種類の樹種で長方形の物が5杯、正方形の物が1杯木取りできました。


この後いったんバラして内側の面取り、オイル塗りをしてから接着します。


Img_3841_2


接着後クランプで締めて一晩置きます。


Img_3879



フェルメール 光の王国展

今日は朝からずっと雨との天気予報だったので工房はお休みして、祇園甲部歌舞練場の八坂倶楽部で開催されている「フェルメール 光の王国展」に行ってきました。




この展示会はフェルメールのオリジナルではなく、現在のデジタル画像技術で300年の経時による退色や失われた部分を修復した "Re-create" によるもので、そのために彼の37点の全作品を一度に見ることができます。


「本物」がいいことはもちろんですが、実際には彼が意図して描いた直後の物は誰も見ることができないわけですから、充分に史実を研究してリ-クリエイトされた作品はかえって真実に近い物を伝えてくれるのかもしれません。





実際にこれら全部のオリジナル作品を見ようと思えばアメリカ、イギリス、フランス、アイルランド、そして本拠地のオランダ等の美術館を回らなければ見られませんし、一部の個人所蔵の物は見られないかもしれません。
それを一カ所で全部見られて、しかもゆっくりと見られるので、有名な作家の展示会独特のあの順番に並んで後から押されて見て行く「ベルトコンベアー式」の「鑑賞」が大嫌いな私等には実に有意義な展示会であると思いました!



そして会場は祇園のど真ん中、八坂倶楽部ですから和室の畳敷きですがこれもリラックスして鑑賞できる要因の一つかもしれません。










Img_3843


フェルメールの作品は室内に左側の窓から射し込む陽光によって作られる光と影の織り成す柔らかな表現が多いのですがこの「窓際で手紙を読む女」にとてもよく表れているように思います。


Img_3845


彼の作品には小道具?として、よく楽器が登場します。


「音楽のレッスン」と題された作品にはヴァージナル(チェンバロの一種)と前景にヴィオラ・ダ・ガンバが登場します。


Img_3849


ヴァージナルの蓋の裏にはラテン語で「音楽は喜びの友、悲しみの薬」と書かれています。


彼は青、緑、赤の三原色をすでに意識していたらしく、重要な藍色を描くのに当時、純金より高かったウルトラマリンブルーを惜しげもなく使っているらしいです。


Img_3850


ギターを弾く女
珍しく右からの光ですが、これはスペイン風のバロックギターでしょうか?


Img_3867


私の最も気に入っている「ヴァージナルの前に立つ女」
とても柔らかな光で、青と黄色のコントラストがすばらしい。(最も有名な「真珠の耳飾りの少女」もそうですね)


床と壁の境のタイルがおもしろいです。


Img_3868


フェルメールはカメラの原点と言われているカメラ・オブスクーラを使用して立体像を二次元の平面像に上手く変換したらしく、初期の作品と中期以降の作品を比べるとその遠近法や光の処理の巧みさがよくわかります。
彼は芸術家であるとともに科学者でもあったようです。


Img_3861



Img_3874


八坂倶楽部の建物の裏は庭園になっており、絵画を楽しんだ後は庭園を眺めて一服したり散策もできるようになっています。


今日は天気予報とは異なり日中は雨もほとんど降りませんでしたが、とてもゆったりした良い時間が過ごせました。


Img_3875



工事速報-2

今日、帰りがけに奥の看板を見て気がつきましたが、工事期間がなんと9月17日までになっています!!!


入口の看板も確認しましたがやはり17日に書き直されている!!(あまりにあきれたので写真撮り忘れ)
どういうこと!!
しかも今日は何の工事もしていない(さぼっている?)今日は絶好の工事日和というのに、こんなことでは17日までかかるわ!!!



Img_3835


下は8月17日の入口の看板


Img_3798



糸鋸盤の修理

先日の長時間酷使で加熱、破裂して容量抜けしたコンデンサを外しました。
左下の白い塊はコンデンサから流れ出てキャップ内で固まっていたパラフィンです。


Img_3816


26μF AC200WVの無極性電解コンデンサです。


早速ネットで探して注文しました。(同じ仕様の物はなかったので25μF、250WVの物)
¥2,980+送料¥800ですがコンデンサは中古品は容量抜けしていることが多いので多少高くても必ず新品を購入するべきです。昔なら日本橋まで買いに走るところですが、今はいながらにして何でも手に入ります。


Img_3817



プロフィール

野山のおるごーる仙...

ギャラリー
  • KBSラジオ取材
  • 久々の昇降盤整備
  • 久々の昇降盤整備
  • 久々の昇降盤整備
  • 久々の昇降盤整備
  • 久々の昇降盤整備
  • 美山コンサート終了
  • 美山コンサート終了
  • 美山コンサート終了
最新コメント