毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

皇帝ダリア

布袋工房さんの皇帝ダリアが今年も咲きました!
今年は2年目ですが、すくすく伸びていたのが台風で全部倒れたんです。
一時は葉っぱも元気が無くて心配してましたが見事に大輪の花を咲かせてくれました!
まだまだ蕾はあるんですが、これから霜が降りると枯れてしまうので、いくつ咲いてくれるかですね。
昨年はいっぱい咲いたんですが今年は倒れたせいもあってか、開花が遅く、数も少ないようです。
IMG_0551

 

踏み台完成!

細部の面取りをして表面を#240のサンダーでサッと磨いて汚れ防止にオイルを軽くかけました。

製材から始めて2日間で完成!
これは新記録ですね。

踏み台ですがサイドテーブルや文机としても使えそう(笑)
IMG_0549
 

踏み台の製作

今度は踏み台です!
時の音色さんのお母さんのための踏み台なのでできるだけ急いで作らねばなりません。
初め、室内用かと思ってたので桐材で軽量にと考えてましたが土間で使われるらしいのでそれなりの強度とある程度の重さがあった方が安定するので材を探したところ、この古材が出てきました!
年月で黒光りしているので何の木かもわかりません!式台かなにかだったらしく、30cm巾と15cm巾の2枚接ぎで浅いアリ溝が切ってあります。接いである部分が少し剥がれているのでバンドソーで切断して30cm弱の板が取れました。
IMG_0539

そんなに重くないんですが樺の仲間のようです。
ちょうど21mm厚の踏み台用の板が取れました。
IMG_0540

強度と安定性、加工の早さから両端の脚は板材でダブテイル組み、中央に補強の貫を入れることにしました
先ず天板にテイルソケットの加工をします。
ジグのセット時間より加工時間の方がずっと短いです。(笑)
IMG_0541

脚となる側板にピンの加工をします。
IMG_0542

あっという間にダブテイルジョイントが完成!
一旦バラして側板と貫に曲面カット、内面の面取り等をしておきます。
IMG_0543

接着完了
IMG_0544

鉋で面一に仕上げます。
IMG_0545

後は隙間を埋めたり表面の磨き、面取りをすれば完成です。
IMG_0547
 

宮廷への招待

今夜のカフェ・モンタージュはヴィオラ・ダ・ガンバです。
気分は宮廷のサロン!!♫
演奏者の上村かおりさんはあのバロックヴァイオリオン奏者、寺神戸さんの奥さんでもあります!
ガンバとはイタリア語で足のことですので足のヴィオラ、つまり両足に挟んで演奏するチェロのような楽器ですね。(バロックチェロもエンドピンが無いので両足に挟んで演奏しますが・・)
ガンバは音が小さいので現代の楽器やオーケストラ、ピアノなどとは合わず、演奏される機会も少ないのですがバロック後期までは盛んに宮廷等で使われたようです。
30)

 今日のプログラムはヴィオラ・ダ・ガンバでのヨーロッパ旅行ということでイギリスから始まってドイツ、そしてフランスのガンバの曲を数曲づつという豪華な旅でした!

プログラムの題名「Le Badinage」が?だったんですがアンコールにマラン・マレ作曲のこのタイトルの曲を演奏されてその謎が解けました。フランス語で「冗談」だったんですね。
ヴィオラダガンバ

今夜はガンバの柔らかで上品な音色を存分に楽しめました♫ 。

センタートレイの製作-2

本体の方も形が出来上がりました。
本体もトップの蓋も紅椨なんですが、写真では蓋はウォールナッツのように見えます!
本当はもう少し赤っぽいんですけど・・。
IMG_0533

後は蝶番を取付ければほぼ完成です。
一番上の蓋はバタフライ式に前後に開きます。
中仕切は取外し可能です。
IMG_0536
 

冬支度

今年は寒くなるのがいつもより早いようです!
今朝は注文してあったスタッドレスタイヤに入れ替えに行きつけのタイヤショップに行って来ました。
前の車はオールシーズンタイヤで、しかも雪道にめっぽう強いスバル車ですから少々の雪ではスタッドレスは必要なかったんですが今回はノーマルタイヤでFFですから冬期はスタッドレスを履くことにしました。
まぁこのサイズならホイール付きでもそんなに高くないし・・・予防安全が第一ですから。
IMG_0532
 

かやぶきの里おるごーるのしらべ へのお誘い

今月初旬にお知らせしました美山のかやぶきの里オルゴールコンサートですがまだお席がありますのでお時間のある方はどうぞ聴きに来てください。
場所が少々不便ですが車であれば晩秋の周山街道のドライブがてらにどうぞお立ち寄り下さい。
途中の美山道の駅には新鮮な野菜や果物、おいしい牛乳等の特産品もたくさんあります。
http://www.kayabukinosato.com/
http://www.miyamanavi.net/kan0005/
 コンサートチラシ2017美山a

センタートレイの製作

新しい車のJUSTYですが運転席と助手席の間がウォークスルーになっていて、まあそれはそれでいいのですが・・・私はウォークスルーは必要ないのと物入れが少ないので、ここにセンタートレイを付けることにしました。オプションであるんですがあんまり使い勝手がよさそうでないのとあまりにも値段が高すぎる!!(なんで純正のパーツはこんなに高いんですかね?)という事で得意の木工で作る事にしました。
50)


先ずはトレイの蓋の上面に凹面の加工をX-Yテーブルを使って掘り込みます。
ビットは30mmのディッシュビット、深さは約7mmですが2回に分けて掘り込みました。
IMG_0530

30分くらいでできましたがこれを手加工でやるとほぼ一日仕事ですね。
材は少し杢の出た紅椨ですので硬さの割りには粘りがありしかも交錯木理なので彫りにくいんです。
ルータービットなら均一な深さと、加工後のわずかな逆目と段差をサンドペーパーで磨けばきれいに仕上がります。(と言ってもこれがけっこう時間がかかるんですが・・・。)
IMG_0531
 

今朝の気温

今朝の工房前の気温は・・・2.5℃でした!!(7:45am)
今冬(まだ秋?)一番の冷え込みでした。
今日はバイクだったので寒さはそんなに感じませんでしたが車で来ていたらストーブが暖まるまで震えていたことでしょう(笑)
今年はカメムシが多かったですが、寒さが厳しいのかなあ?
IMG_0528
 

エンザート埋込工具の修理

木にビスやボルトで部品等を止めたい時に真鍮製のエンザートをよく使いますが、一番細いM3用の埋め込み工具の先端のM3ネジ部がバカになってしまいました!
エンザートを捩じ込んだ後、弛めて工具のみを引き抜く時にはかなりの力が掛かりますので3mmの細いネジですから長年の使用でネジ山が潰れてしまったようです。
IMG_0525

仕方がないので潰れたM3のネジ部を切断し、旋盤で面をきれいに整えてM3のタップを立て、ステンレスのM3ビスを埋め込みました。
施工時にビスが緩まないように工具の根元に直角にM3タップを立ててセットビスでM3ビスをガッチリ固定しました。
本体の材質はそれほど硬くなかったのでSS材と思われます。SUS304ステンレスの方が硬いので今度壊れるとしたら外側の袋ナットのM8ネジでしょうね。
IMG_0524

これでまたしばらく使えそうです。
IMG_0523

 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2018カノン二人展とコンサート
  • 2017「木のかおり」展
  • 2017「木のかおり」展
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
  • Newディスクオルゴールの製作-7
最新コメント