チェスト本体が突然ですができあがりました。(突然ではないですが、まぁ単なる四角い箱ですので・・・)


Img_0854



出来上がっていた脚との接合は彫刻する時に簡単に外せるように底から木ネジで固定します。


位置決めは脚部の額縁部分にチェスト底板の凸部をはめ込みますのでドライバーを使える人ならだれでも着脱できます。(笑)


Img_0857


引出しの部材も出来ました。


升に化粧板(前板)を貼付けた形?ですが、コスト、強度、作り易さからこの形としました。化粧板以外は全てほぞ組みです。溝を切る手間はかかりますが、この方が接着強度も上がり、接着時のずれも発生しないし、結局早くきれいに仕上がります。


Img_0855