以前に作ってあった座板の孔と脚のほぞに接着剤を塗り、座板に厚入し、桜の楔に接着剤を塗って打ち込みます。


Img_1149


ほぞの突き出た部分を切断し形を整ます。切った部分は平面ではなく、ほんの少し山形に丸みを持たせるように丸鑿で仕上げます。こうすることにより年月が経って座板が痩せて、ほぞがその分突き出てもあまり気にならなく感じます。


もう一度オイルで拭いて完成です。



Img_1155


もう少し脚の転び角が大きい方が良かったかも。


これは工房で使う事にしましょう。