本体の内面のアール加工をしてから仮組して外周の墨付け、響板の切断ラインを墨付けした後、響板とアクリル板受けの溝を切ります。


響板をはめ込んで枠を接着し、クランプで圧着して一晩放置します。


Img_1279



バンドソーで外周を慎重に切断します。厚さが75mmあるので急いで切るととブレードが木の内部で湾曲して取り返しのつかない事になります。


Img_1284



外周をサンドペーパーで仕上げたら蝶番の切り欠きを入れます。背面にも2000Rが付いているので、開けた時に蓋が当らないように大面を取ります。


Img_1288



蝶番を取付けて確認。


Img_1286



オイルを塗って乾燥中


後は脚部を作ればほぼ完成です。


Img_1289