今日は午後から木彫オルゴール追加分6台分の部材をひたすらカンナ掛けです。


シナは柔らかい分、刃物がよく切れないとむしれてしまうので、刃を研ぎ直して刃の出具合も慎重に調整します。


シナの木は柔らかいといえども、本体の30枚をすべて両面掛けるとふぅ〜!なります。(洋カンナの重さがこたえまーす。)


後は接合部のビスケットの溝と棚板、後板の大入れの溝加工が終われば組立、接着です。引出しを含めてなんとか今月末にはできそう。



Img_1588