トレーを掘るのにディッシュビットを使いますが、なぜか市販品には立ち上がり部分が垂直でRの小さい物しかありません。


今回のトレーは立ち上がりの緩やかな物が必要なので手持ちのビットを改造しました。


手元にほとんど使っていない大きめのさじ面ビットがあったので、ガイドベアリングを取外してベアリング取付け部分のボスをグラインダーとヤスリで削り落としました。


グラインダーをかける時は超硬チップに触れないように細心の注意を払います。後はヤスリできれいに整形。


左は通常のディッシュビット、右が今回改造した物です。



Img_1584



Img_1585



上が今回の改造ビットで加工、下は底面が安定するように従来のディッシュビットで1mmだけ彫り込みました。


Img_1587



反対側も面取りし、オイルを塗って完成です。


Img_1590