今日は材木置場を少しだけ整理し、使えそうな木っ端の製材をしました。


橡の耳?ですが、なかなか素直できれいな肌です。


Img_1779


栗の入皮部分、虫孔がいっぱいありますが逆にこれを生かして何かに・・・取り敢えず18mm厚に挽きました。


この他にも水目の角材の切り落とし、カリンや橡の△材等等けっこうな量の板材が取れました。


Img_1776


ついでに楠のこぶこぶ丸太も製材、樹齢が若いせいか美しい杢はありませんが、きれいな縞模様の板材が取れました。


Img_1780


この所、バンドー君のと言うよりブレードの切れ味がすこぶる快調でご覧のとおり切断面もとてもきれいです。
材を軽く押すだけで、スィーと切れて行くのでとても気分がいいです。