これまた工房整理で出てきたクリックボール(通称クリコ錐)


現在ではほとんど使われませんが、ギター等の楽器製作ではまだまだ使われているようです。
電気ドリルやボール盤では高速すぎて制御が効かない場合でもこのクリックボールなら、その超スロー回転を活かして薄板等に大径の浅い溝を付けたり切り抜いたり出来ます。


電気ドリルの場合は下に捨て板を当てて加工しないと切り抜いた瞬間にセンターの保持ができなくなってすぐには止まらないため悲惨なことになりますがクリックボールなら制御が簡単です。それなりのコツはありますが・・・


埃と錆を落としてドアの飾りにしてみました。
もちろん、いざという時にはいつでも使用可能です!


Img_3298