サペリの材料が何とか確保できました。


このサペリはくせ者でした!
合計6枚の40mm厚のサペリを2枚に挽いて、結局16mm厚で使えるのは6枚でした。(残りはもっと薄くするか短い物にしか使えません。)
響板は捻れのない部分を接ぎ合わせて幅広の板を作ります。


Img_3528


一晩圧着したあと、目違いを払い、平面を出します。


Img_3529


角度の必要な物は手押しで木端を所定の角度に削ります。


Img_3531


今日は雨が強くなってきたので作業終了です!