昨日のミーティングで歩いてなら通れるとの情報を得たので今朝はさっそくMTBで・・・


一番目の崩落部分、ブッシュがちょっとじゃましますが、まぁここは通れますね。


Img_3537


二つ目はこの通りでこれはちょっと重傷です。
下の2本の倒木はMTBを担いで跨いで通れますがいちいちめんどくさいので一旦工房に行ってチェーンソーで切ってしまいましょう。


Img_3540


夏期休暇中のハスクさんにご登場願って下の2本をバッサリと切りました。ものの5分とかかりません。
ハスクさんはすでにオイルやガソリンも抜いてあったのでその準備の方が時間がかかりました。


Img_3550


この1本は自転車でもそのままくぐり抜けられるのでそのままです。
これを切るのは位置が高いので非常に危険で一人では無理です。
大きな石もどけたのですっきりしました。


Img_3547


しかし、この崩壊部分は崖崩れの対策をしてもらわないと、雨が続けばまた確実に崩れますね。
右手の3本の木も切らないと根が一部むき出しになっているので倒れる危険性大です。


写真は撮りませんでしたが崖側の路肩が大きくえぐられている場所もあり、あのままではトラック等の重量車が通るのは危険です。


Img_3548



とりあえず、自転車や徒歩では問題なく通過できるようになりましたが荷物の運搬時等は車の通行が不可欠ですので何とか早く復旧、改良工事をしてもらいたいです。