ずっと前からの懸案だった洋カンナの収納箱をやっと作ることにしました。
洋カンナは台が鋳鉄のため、この時期ちょっと油断すると錆びるんです。
刃は防錆油を塗っているので大丈夫ですが台は使う時に素手で触ったりしてすぐに油分が落ちてしまうので・・・



設置場所はメインの工房と建て増しした製材工房の間の窓なので窓の枠の寸法に合わせます。
材料は本体が私はあまり使わない欅と(板目で超硬い!)裏板はタモの薄板です。
本当は油分の多いチークにしたかったんですが、適当な厚みの板がなかったので良く乾いた欅にしました。
棚板はチークです。(笑)


扉は・・・枠ができてから考えます。





Img_3599


裏板は4枚矧ぎでトリマーで本実加工をします。(接着剤は付けません。)


Img_3600


枠はあられ組にしたかったのですが時間がかかるので手を抜いてビスケットで超簡単に接合します。
(へたなあられ組みより強いかも・・・)


タイトボンドをたっぷり塗ってベルトクランプで締め付けておきます。
棚板は取外し式です。


Img_3603


いちびってカンナを置いてみました。


うん、なかなかいい感じ・・・。


Img_3602