収納庫の扉ができたので蝶番取付のための加工をトリマーでします。


扉はトリマースタンドで加工しますが収納庫本体の方はストッパー付フェンスを使ってトリマーを手持ちで加工します。


このポーターケーブルのトリマー7310は少し大きめで日本人にはちょっと使いにくいかもしれません。(私は手が大きいのでノープロブレム!)ベースもアルミ製でがっしりしていますがその分光の入る方向が限られるのでビットの先端が見にくいです。面取りやテンプレート、ガイドを使う場合はあまり問題にはなりません。ベースの高さ微調整機能が付いていますが動きが渋く使いにくいです。動作音は日立やマキタより静かですがこれは115V用を100Vで使用しているためかもしれません。100Vdw使ってもパワーはじゅうぶんにあります。
用途に応じて日立、マキタと使い分けていますが、今回は単に1/2"のストレートビットがたまたま付いていたので使っただけです。


Img_3622


きれいに収まりました。
この後、一旦本体から外してオイル仕上げをします。


Img_3621


完成です。そこらにあった材料を使ったのでマチマチですが・・・枠は椨、鏡板は捻れて18mm厚の板にできなかったサペリを12mm厚まで落として使いました。


Img_3632


明日、新しい小型の仲間が入居して来る予定ですが、すでに満室です!(笑)


Img_3634




反対側の収納庫も完成! こちらは扉の枠にも欅を使ったので割と揃っております。


Img_3636