コーナーに2mmのスロットカッターで溝を切り、契りを差し込んで接着します。
契りのキーは2.2mm厚に揃えた物を接着前に手で押し込める程度に木殺しをして硬さを確認してから接着剤を溝とキーの両面に塗って押し込みます。接着剤の水分でキーが膨らみ、強固に接合できるという算段です。


Img_3884


接着剤が固まったら釘切り鋸で切り落とします。


Img_3886


6杯のトレー本体が完成しました。


今回はすべて違ったハンドルを付けてみようとおもいます・・・。


Img_3888


いろんな端材もハンドルになります。
左の楓のハンドルは適当な端材がなかったので新しく作りました。
取付けはまだです。取付け方も全部違うのでとても手間がかかります。


Img_3889



Img_3890