パレットに接着したガスケットの接着剤が乾くのを待つ間にふいごのパーツを作っておきます。


3mmのベニヤ合板に墨線を入れ、カッターナイフでカットします。これらはふいごの革がきれいに畳めるように革の内側に貼る部材です。カッターナイフで何回か強くなぞると簡単に切れます。硬い分厚い木もこんな風に切れるといいんですが・・・切削屑も出ないし、材料も100%使えます。



Img_4241


ずっと前に知り合いの革工芸のHさんからこのためにいただいていた牛革の上に部材を並べます。
長さが足りないので余った横の部分を切って縦方向に継ぎ足します。
貼り合わせる部分を豆鉋の刃を多めに出して斜めに鋤取って革用ボンドで圧着します。


Img_4250


ふいご用の革ができました。


Img_4251


継ぎ足した部分もけっこうきれいに(素人にしては)できた・・と思います。


Img_4252