固定用ブロックが接着できた後列のパイプを全て差し込み、垂直と隣のパイプの間隔を確認して2mmの真鍮釘をブロックに差し込んでパイプ固定ビームに軽く押して仮固定します。



Img_4388



後列のパイプを固定した状態で前列のパイプを差し込んで後列と同じように2mmの真鍮釘を差し込んで位置を決めます。


前列、後列の釘をほんの軽く打ち込んで固定ビームに穴開け位置をマーキングします。



Img_4390_2



固定ビームを本体から一旦外し、角度穴あけジグとバイスを使ってボール盤でφ2.5の穴をあけます。



Img_4391


固定用の釘は先端の尖った部分をヤスリで丸めておきます。


Img_4393


固定ビームを本体に取付け、パイプを差し込んでみました。
まずまずの出来です。



Img_4394_2