8月に作った寄せ木の飾り板を入れたオルゴールボックスの製作です。


寄せ木の飾り板と対にする表板の一つを作ります。


柾目の黄檗の板3枚を接ぎ合わせて200mm巾の板を作ります。


Img_4432


木目と直角方向に30mm巾にカットします。


Img_4433




1枚おきに30mmずらせて接着します。


Img_4437


両側の耳を切り落として鉋で仕上げます。
光の加減で微妙なチェッカー模様(市松、石畳、あられ)の板ができました。


Img_4444


今回は4台分の木取りをしました。


中央の板が蓋の表板となります。(左から黄檗、サテンシカモア、ウォールナッツが2枚です。)
上の4枚が側板です。デザインにより、厚み、巾が少し異なります。
寄せ木の飾り板は3枚なので1台は飾りなしのシンプルな箱となります。


Img_4438