旋盤の引き続いての改良はチャックハンドルです。


チャックハンドルはチャックの爪を開閉するための工具で頻繁に使用します。
当初はハンドルのレバーに赤い樹脂製のキャップが被せられているんですが、これが実にいい加減な代物で抜けやすく手触りも悪いんです!!


早速、ドゥエルカッターでφ12.7の丸棒を作り、中心にφ8、深さ43mmの穴をあけて圧入しました。
深穴と両端の面取りは木工旋盤で加工しましたが外周はドゥエルカッターの螺旋状の加工痕をそのまま残しました。
ちょうど滑り止めになっていい感じです。木工旋盤と違って切削油を頻繁に使用するのでその内にいい感じのオイル仕上げになってくると思います。(笑)


Img_4969