ラチェット機構取付け用のネジが2台分完成しました。


汎用旋盤で同じ物を数作るのは実に難しいというか、やっかいです。(木工旋盤でもそうですが)
後のアクリル板はネジの長さを合わせるためのゲージです。


ネジを作る時はまず長いままの丸棒をチャックで掴み、ネジになる部分を所定の径までひたすら削ってダイスを通してから頭の部分でカットします。頭の加工はネジ部分はチャックで直接掴めませんから右の雌ねじを立てた丸棒にセットして丸棒をチャックで掴んで加工します。


Img_5208





マイタギヤとラチェット歯車の部分にカバーを付けました。


手前はストッパーの金具です。ステンレスのリーフスプリングのみがサンキョーのオリジナル部品です。
左のL-字型のアクチュエーターは箱が出来てから長さを合わせてカットします。


Img_5214ストッパーレバーは巻き上げハンドルに合わせてレトロチックな物にしてみました。


Img_5216