本体の蓋と実の切り離しが出来たので切断面の目違いを払って蝶番を付けます。


木製の蝶番は彫り込みもいらないので位置を慎重に合わせてネジ止めするだけ、超簡単です。
(蝶番を作るのがちょっと骨が折れますが・・・笑)
蝶番自体が足の役割も兼ねています。


Img_5907


上面の両側にラッチ金具を取付けます。


今回はスイングアームラッチ(掛け落とし)にしてみました。
この用途の場合、左側は左勝手の物が欲しいところですが、どこを探しても右勝手の物しかありませんでした。
本来の使い方は「掛け落とし」ですから扉等に縦に取付けて上からアームを落とし込む使い方をするようです。
それにしても左手用があってもいいように思うんですが・・・


Img_5908


ハンドルの取付け穴をボール盤で開けます。


M3のエンザートを埋め込むのでφ4.4、深さ8mmの穴を正確にあけます。
エンザートを埋め込む時、角がめくれないように穴開け後、面取りをしておきます。


Img_5909


エンザート埋め込み完了


Img_5911


ハンドル保持具をネジ止めし、3mmのピンをねじ込んでハンドルを固定します。
ピンの先端には5mmだけM3のネジが切ってあり、保持具の奥にもM3のエンザートが埋め込んであります。


Img_5913


うまく取り付きました。


Img_5915




金具やハンドルを一旦外して、全体の面取り等の仕上げを行い、オイル仕上げをします。
蓋の裏にはまだペンホルダーや名刺入れを付けなくてはなりません。
内面もきれいな杢の黄檗なので今回はコルクを貼らずにこのままの仕上げとするつもりです。


Img_5914