展示会も終わったので木彫ドレッサーの製作に掛かります。


粗木取りの済ませてあったシナの板をプレーナーを通して厚みを揃えます。
各部材を所定の寸法に切り分けて、まずは鏡の入る丸孔を開けます。


丸孔の加工はいろいろな方法がありますが今回は専用ジグを使ってトリマーで切り抜きます。
この方法はふつう薄板や途中で止める円弧等の場合に使いますが、今回は柔らかいシナの木ですので3回に分けて切削すれば問題ありません。但し捨て板を敷いて、捨て板にもセンター穴を開けてから加工しないと最後の切り離し時にセンターが定まらなくなるので悲惨な結果となります。うまく加工できれば写真のように真円度の高いきれいな丸孔が切り抜けます。


Img_6183


木彫ドレッサー2台分の部材が揃いました。


Img_6182