天板を接着し、クランプで2時間以上締め付けておきます。
天板はビスケットを使用していないので接着面が単純なためタイトボンドが使用で来ます。


Img_6209


接着完了


Img_6210


天板の目違いを払います。
天板の突き出し部分は修正しやすいように側板より0.5~1mm長くしてあります。


Img_6211


本体の面取りと引出しの組立て接着が完了しました。
明日、引出しの調整をして本体はほぼ完成となります。


Img_6212