引出しの入る本体側板と底板はビスケットで接続しますが今回のように板の中間にビスケットの溝を加工するのに、このジグがとても役に立ちます。


本当はこのジグは鍵盤を精度よく加工するために作った物ですが工夫次第でトリマーでの溝加工等にも使えます。


Img_7063


引出し部の基本加工ができました。


Img_7064