本体の周りに曲線を描くためのテンプレートを作ります。


左右対称形でいろんな曲率を含んだ形の場合は実物にケガくよりも半分の形のテンプレートを作る方が正確でかえって早くできます。3mmの合板に縮尺図面から形を拾って描きますが、原寸で描いた時に若干変更する部分もあります。


Img_7101


本体の板に入れた中心線にテンプレートを合わせて鉛筆でなぞれば墨付け完了です。
裏面にも正確な中心線を入れるだけで裏表ピッタリの墨付けが簡単にできます。


Img_7104


曲線をカットする前にスプーン受けを固定するためのビス穴を加工しておきます。


Img_7103


本体の収縮を考慮して取付け穴は小判穴としますが当然のことながら皿ネジではなくトラス頭の木ネジを使うのでその分の掘り込みも必要です。
平行ガイドを2本セットし、2台のトリマーに4mmビットと9mmビットをそれぞれ取付けて一度に加工します。


Img_7105


ガイドの位置を動かさなくてもいいので精度の高い段付きの小判穴が加工で来ました。


Img_7107


バンドソーで周囲の曲面をカットし、反り台鉋とサンドペーパーで仕上げます。


Img_7108


裏表にサンダーを掛けたあと周囲に3mmの銀杏面をトリマーで加工して本体は完了です。


Img_7111