ベンチ用の脚と貫を木取りして、墨付けをしました。


Img_7680


ホゾの機械加工が終了しました。


Img_7681


足側にホゾ穴を開け、ホゾとの組合せを決めて合いマークを入れます。
ホゾ穴側を少しづつノミで削って調整します。ホゾの角を面取りし、木殺しして手で1/3くらい入るまで調整します。


Img_7682


ホゾとホゾ穴両面に接着剤を塗ってポニークランプで圧入します。
調整の甲斐あって胴突きがきれいに付きました。
明日までこのまま置いて、内側の曲線加工と貫のホゾ穴加工を行います。


Img_7684


座板の準備をしておきます。


Img_7685