夏の間、活躍した扇風機をしまう季節です。


我が工房には3台の扇風機がありますが一番大きな一台は数年前にHCで買った工場用扇風機で、これは3本足がスペースを取ってじゃまになるので製材室の梁に取付けられるように改造して固定してあるので埃を払ってポリ袋を被せるだけです。


あとの2台はかなりレトロな物でして、これらは以前に自宅で使っていた古い物です。


この内の一台が少し前に作業台から落下させてしまい、その時にプラスチックの首振りの切り替えノブが衝撃で割れてしまいました。そこでノブをカリンの丸棒から削り出して取り替えました。


Img_7751_2


首振り機能は工房ではまず使いませんが、ついでにモーターカバー、ファンガード、ファンも取外して分解掃除をしました。


Img_7750


新品同様とはまいりませんがかなり奇麗になりました。


Img_7755


三菱電機のHPで調べるとD30-H2型は1964年製で何と52年前の製品です。(私は中学生でした!)
この時代、まだプラスチックは多用されておらず、この扇風機で使われているプラスチックの部品は割れた首振りノブと羽根、ファンガードのエンブレムそして速度切り替えスイッチのツマミの4点のみです。本体フレームはすべてアルミダイキャストでモーターの後カバー、羽根のカフス、底板、本体下部のモール等は板金製です。
これはモーターさえ壊れなければ修理できるし、長持ちするはずです!ちなみにモーターの軸受けには前、後とも注油口が設けられています。


Img_7753



そしてもう一台はナショナル(松下電器の懐かしいブランド名です。)の少し新しい機種です。


Img_7757


こちらはF-30JZ、1969年生で5年後に発売された製品ですがファンガード以外は全てプラスチックが使われています。
もちろん底板もプラスチックです!


5年の間でこれだけ素材が変わるというのもすごいと思いますが、羽根の形状や微妙なカーブも変化して風量や静穏性が改善されているようです。もっとも当工房では扇風機使用中は発電機を回しているのでその騒音で扇風機の音等、何の問題にもなりませんが・・・(笑)しかし、この2台、持ち上げた感じでは半分くらいに軽量化されています。今自宅にあるのはこのナショナル製よりまだ軽いです。しかし耐久性では昔の機種にまったく太刀打ちできないでしょう。


Img_7758