共鳴箱の枠組みができたので表、裏の端面に鉋を掛けて目違いを払い、平面を出します。


Img_7927


裏板を接着し、前面上部には飾り板を取付けますが、例によって彫刻を入れるので最後に取付けます。寸法を合わせて、飾り面を取っておきます。


Img_7929




裏板が接着できたので早速、試聴です♫♩


うん、これは思っていた以上に良く鳴ってくれます!


Img_7936_2


台座をウォールナッツで組みます。
45°の留めではないので少々時間がかかりましたが何とか合いました。


Img_7937