最近、昔に買った耳付きの材を製材しています。
今日は山桜と楠、この山桜は一番広い所は43cmあるんですが、きれいな板材にすると27cm位しか取れません。厚みも38mmありますがかなりねじれているので30mmになるでしょう。
IMG_5613

両端の耳を切り落としました。
落とした耳は虫孔等もけっこうあるので短く切って薪にするんですが写真の下の部分は面白い形だったので布袋さんにお伺いを立てると「使う!」ということだったのでストーブの餌にならずにめでたく作品に変身するようです。
IMG_5614

カットの終わった桜と楠です。楠はちょうど真ん中に入り皮と節があり裏まで通っているので入り皮のない両側を幅広のまま使うか、箱にするなら100mm巾にもう一度カットするしかないようです。
IMG_5615

手押しで平面を出してプレーナーを通しました。
IMG_5616

楠の短い板がきれいな杢だったので鉋をかけてみました。
これはなかなか美しい杢です。
IMG_5617