今回はポジティブアクションカム(確動カム)です。
通常のカム機構はカムフォロアを確実にカムに追従させるために重力やスプリングの力でカムフォロアをカムに押し当てますが、カムの回転速度が速くなると追従できなくなってきます。
この機構はカムの両側にフォロアとなるローラーがあり、2つのローラーは常にカムに接しているのでカムフォロアは確実にカムの動きに追従します。但しカムの形状はカムの中心を通る長さが常に2つのフォロアの間隔と等しくなければなりません。
 IMG_5820

このメカニズムは異なる形状のカムを交換して違う動きが楽しめるようになっています。
メカニズムの裏側には異なった形のカムをストックできるようにしてあります。
IMG_5825

ハート形のカムを装着した状態です。
IMG_5827

裏側に掛けてあったレンチはカム交換用の専用工具です。
締めすぎると壊れる!ので柄を短くしてあります。(笑)
本当は指で軽く締めるだけで充分なのでレンチはいらないのですが・・・洒落です。
IMG_5823