それぞれの額に入れるポストカードが決定しました。
元々個別のポストカードのイメージに合う木を選んでいたこともあり、ほとんど最初の予定のままですが、額の形によっては縦横両方使えるように掛け金を取付けてあるので入れ替えも可能です。
上列左から杉、楓、桑、栗、下は左からウォールナッツ、橡、カリンです。オイルで仕上げるとそれぞれもっと深みのある色になります。

オイルを軽く掛けて蜜蝋ワックスで拭き込めば完成です。
IMG_6021

おまけの額4面も完成しました。
上の2面は窓なしのT-スロットに横からポストカードを差し込むだけの超簡単な構造です。(左:楓、右:タモ)壁に掛けたままで簡単にポストカードの入れ替えができます。
短冊掛けは昔からこれに似た構造ですが、短冊掛けの場合は溝が敷居と鴨居のようになっており、上の溝が深いのを利用して障子のように縦方向に嵌め込みます。

下左は先日、昇降盤で凹面削りをした物(サペリ)、下右は過日、旋盤でコースターを作る時に薄く削り過ぎて中央に穴を開けてしまった物(ウォールナッツ)です。
IMG_6020