今回は少し大きめの額、A3より少し小さめです。
いつもは留め(45°)のカットは専用のペティワークを使うのですが今回の額は額縁の巾を50mmと大きくしたのでペティワークのブレードでは届きません。
IMG_9063

そこで登場するのがこの「マイタートリマー」です。
マイタートリマーは斜めにセットされた刃がレバー操作で前後(この写真では左右)にスライドし、ワークの木口または木端を削り取る物です。(カットはできません。あくまで薄くスライスする物です。)
IMG_9052

昇降盤で留め切りした材料をさらに精度よく正確な45°にマイタートリマーで仕上げます。
レバーの根元には巨大なラック&ピニオンがあり、レバーを前後に動かすと前後にセットされた斜めの刃がギロチンの様にスライドします。押し切りと同じような切り方に見えますがマイタートリマーは刃が常に同じ角度で切り進んで行くので分厚い物でも切削抵抗が少なく、きれいに削れます。
IMG_9054

ワーク側から見たところです。手前のガイドにしっかりワークを当てて手で押さえ、レバーを手前に倒すと簡単に削れます。
IMG_9055

ガイドは45°、90°の位置で確実に固定できるようになっています。また別個に微調整機能がついていますので事前に調整しておけばいつでも正確な45°、90°の位置にセットできます。
IMG_9057

ガイドは45°〜90°の任意の位置にも固定できるので特殊な用途にも対応可能です。
IMG_9056

この写真は後方のガイドを90°にセットして50×25mmのチーク材を削っているところです。
最初に書いたように切断ではなくこのように0.1〜0.5mmくらいの厚みで削る感覚です。

後方にも対称に同じ機能があるので勝手違いの加工や逆目の出ない方向で削る事が出来ます。
IMG_9060

これは少し厚めの0.5mmくらいに削った面ですがカンナ掛けしたのと同程度の切断面が得られます。
写真ではちょっとわかりませんが削りカスの面には昇降盤のチップソーの僅かな鋸目が残っています。
IMG_9061

3面分の留め切りが完了しました。
左の残り3面は接合部の仕口を違ったものにする予定なので留め切りはしていません。
IMG_9062

今日は久々に使ったマイタートリマーの説明でした。