今日は午後から長女が在籍する長岡京市民オーケストラのコンサートに行って来ました。
と言っても場所は長岡京記念文化会館(中央公民館)ですから自宅から自転車で5分もかかりません。
IMG_9351

今日のプログラムはウエーバー「魔弾の射手」序曲、ヒンデミットの交響曲「画家マティス」後半はベートーヴェン「交響曲第7番」でしたがオーケストラの配置がいつものドイツ式?と違って古典式の配置でした!
一般的に良く採用されているドイツ式は左から第一ヴァイオリン--第二ヴァイオリン--チェロ--ヴィオラですが古典式は第一ヴァイオリン--チェロ--ヴィオラ--第二ヴァイオリンというよにヴァイオリンが両翼に来ます。
古典様式の曲ではよく第一ヴァイオリンに呼応(対話)するような第二ヴァイオリンの旋律が出て来る事があるので聞き手からするとそれが非常に良くわかる配列なのですが一方、第二ヴァイオリンは通常第一ヴァイオリンのメロディの補助やリズムをきざむために使われる事が多いのでこの配列だと距離が離れ、高度なアンサンブル技術がないと特に第二ヴァイオリンは弾きずらいでしょうね。ということでアマチュアオーケストラでこの配置を取るのは珍しいと思います。

これは指揮の山本さんの考えなんでしょうか?ベートヴェンの7番は彼の交響曲の中でも特に古典的要素の強い曲ですからこの配置で聴けるのはとても興味深かったです。

この熱狂的なリズムの曲はとても熱演でしたが、このあとアンコールにシューベルトの「ロザムンデ」の間奏曲第3番の清涼で優しい曲を持って来るというのは心憎い演出でした!   ブラボー!!!
IMG_9352