エアコンカバー製作の合間を縫ってiさんから依頼された手挽き臼のハンドルです。
挽きもの用にストックしてある山桜材から加工しました。
今回のハンドルは分割式で右の丸棒がハンドル、左は軸受けのジャーナルですがこの長手方向の穴に樹脂製の軸受けをインサートします。ハンドルの穴には軸となるSS材の心棒が入ります。
IMG_9543

iさんが軸受けと心棒を持って来てくれたので早速組込みました。
ジャーナルのブロックは長さが100mmですがこれに垂直に貫通穴を開けるのは以外と難しいんです。
ハンドルの長穴は旋盤で加工するので精度よくセンターが出しやすいのですが直方体の場合は正方形のブロックでないとチャックで簡単につかめません。
それで今回はボール盤で加工しました。図面より少し大きめの直方体を切り出し、先ず貫通穴を開けます。次に貫通穴の両側のセンターを拾って基準となる中心線を割り出し、この中心線から直方体を切り出します。こうすれば結果的に直方体の中心に正確な貫通穴が開いたことになります。

ハンドルの方は穴に接着剤を塗って心棒を圧入してから旋盤で仕上加工しました。
IMG_9546

組み上がりです。
桜材の旋盤加工は気持ち良く削れ、仕上がりもとてもきれいです。
IMG_9545