昨日18弁のムーブメントと書きましたが30弁を使用するとの事で私の間違いでした。
箱の寸法は同じですから響板の穴開け寸法を30弁用にすれば問題ありません。
30弁のムーブメントも薄い響板に取付けると多少ブーミーな音になる傾向があるので今回はやはり5.5mm厚にして、さらに改良を加えようと思います。

本体の留切りができたので仮組して内寸を正確に測ります。
IMG_9832

響板の寸法を内寸から計算してカットし(木目方向は-0.5mm、木目と直角方向は-1.5mmとします。)、厚みを調整して借りに嵌め込んでみました。
今回は新しい試みとして50、72弁と同じスライド式のストッパーにしました。
この方が演奏時の振動によるノイズの発生がありません。
IMG_9833

天板を含めた角部材の溝のはまり具合の調整が終わりました。
IMG_9834

袴部分の曲線をカットし、響板と本体の内面にオイルを塗布して乾燥させておきます。
IMG_9835