響板を切り出して50弁の所定の位置に穴を開けます。
響板はスプルースの柾目板を6.5mm厚に挽き、響板用に中漉きした物を以前に作ってあるので所定の寸法にカットして穴開けするだけです。
IMG_9884

ビビリ音防止用の小片を中漉きした両端に貼付けます。
接着完了後、はみ出た部分を切り取ってフラットにしておきます。
IMG_9885

ボンドを接合面に均一に塗布して両端に当て木をかましてクランプします。
はみ出たボンドで当て木が接着されないように当て木にサランラップを巻いておきます。
IMG_9886