昨日、接着しておいたストッパーノブのエポキシが乾いたので旋盤でローズウッドの部分を加工しました。正面にゆるやかなカーブを持たせるのでこれは木工旋盤で削ります。
バイトで削った後、#400から#1000のペーパーで仕上げて最後はサンドペーパーの裏面で磨きます。
高速回転でワックスを掛けてできあがり〜。

後の真鍮の金具は30弁用の巻上げハンドルです。(メーカーのオプションのハンドルは背が低いので私の作る4.5〜6mm厚の響板では使えません! ねじを巻く時に爪が響板に当たって巻きにくいし、響板に傷が付いてしまう!)
こちらはもちろん金工用旋盤です。
IMG_9915

ストッパーノブを9個と巻き上げハンドルを10個作りましたが、この蒸し暑い季節は集中力が続かず、量産作業には向きません。(いや違う、歳のせいか?)
巻上げハンドルにφ3の真鍮棒を圧入する穴を間違ってφ3.1のドリルで開けてしまったため、圧入できません! ムーブメントに取付けるねじがM3.5だったのを幸いに奥にM3のタップを立てて押しネジで真鍮棒を固定して事なきを得ました。(こういう悪知恵はよく働くのですが・・・)
IMG_9913