飾り面はトリマーテーブルであっという間にできますが、実はこれを磨くのがまた大変なんです。
順目の木端はトリマービットのままでもけっこうきれいに切削できますが逆目や木口面はどうしても切削面が荒れてしまいます。そのままでペーパーを掛けたのではせっかくのビットのパターンが崩れてしまうのでさじ面の場合はビットのパターンより少しアールの小さい丸棒にサンドペーパーを両面テープで貼付けた物で飾り面を慎重に平均してこすります。
両手を使って平均して当てるためにワークは必ずバイスで固定します。
IMG_0119
 
5面のポストカードサイズの額と5面のミニ額が完成しました。
さて、これで明日から安心して工房の整理にかかれるでしょうか?・・・。
IMG_0122