端材というほど小さくはありませんが箱を作るには足りないというような材が出て来ます。
2年ほど前に作ったフラワーポッドが4月の個展でお嫁に行ったのでフラワーポッドを作ることにしました。材は栴檀、曲げ木のハンドルは以前に作った在庫があるので、それを使います。
IMG_0135

前回はダブテイルでしたが今回はボックスジョイントで組み、両端のピッチを変えて2mm×25mmの極細木ネジで締結した後、ローズウッドの木栓を打ち込み、アクセントとしました。
木ネジで締結する事により接着時の特殊なジグがいりません。(手抜き?・・・笑)
ハンドル取付部の凹は通常トリマーで加工しますがトリマーガイドの設定がめんどくさいので今回は途中まで昇降盤で溝を切ってノミで仕上げました。(一台だとこの方が早い!)
IMG_0136

底板と側板の転び角は5°です。
先日製作した角度付き溝切りジグがあるので簡単に角度付きの溝やホゾが切れるようになりました。
IMG_0137

ハンドルを仮付けしてみました。
まずまずのできぐあい・・・。
IMG_0138