毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

2016年04月

木彫ドレッサーの製作-6

天板を接着し、クランプで2時間以上締め付けておきます。
天板はビスケットを使用していないので接着面が単純なためタイトボンドが使用で来ます。


Img_6209


接着完了


Img_6210


天板の目違いを払います。
天板の突き出し部分は修正しやすいように側板より0.5~1mm長くしてあります。


Img_6211


本体の面取りと引出しの組立て接着が完了しました。
明日、引出しの調整をして本体はほぼ完成となります。


Img_6212




木彫ドレッサーの製作-5

今日は奥の工房のHさんの骨折回復祝いの焼き肉パーティがあるので、銘木市から帰ってそれまでに底板と前飾り板を接着しておきます。


接着剤は1時間で加工が可能なタイトボンドを使用します。


Img_6203


パーティ終了後、飾り板の目違いを払って側板を接着します。


接着箇所が多いのでオープンタイムの長い普通の木工ボンドを使います。
タイトボンドでははみ出た接着剤を拭き取る前に乾いてしまうのです。


このまま一晩放置して明日、天板の接着を行います。


Img_6204



銘木市

今日は朝一番から西山天王山駅で時の音色さんと落ち合って中源さんの銘木市へ行って来ました。


お目当てはウォールナッツだったんですが、今回はあまりよい材がなくて・・・傷が少なく、色味のよい物を選んできました。本当は長さが90cmは欲しいのですが、今回のは裁ち落としばっかりなので30〜60cmくらいしかありません。
それに年々、値段が高くなっており、困ったことです!


Img_6207


これはウォールナッツの表示だったのですが、私の見たところでは鬼胡桃に間違いありません。
鬼胡桃としては色の濃い木で、きれいな濃淡の縞模様が入っています。
長さも90cm超あるので箱の側板にも使えそうです。


Img_6206



つかの間の晴れ間

ちょうど昼過ぎに雨が一時的に止み、少しだけ薄日が射して来ました。


チューリップの葉っぱの上には水玉のレンズがいっぱい・・・


Img_6197


こちらは花びらの間に挟まったレンズです。まるで宝石のよう!


Img_6199



木彫ドレッサーの製作-4

ドレッサー本体の側板に底板を固定するのにビスケットジョインターを使いますが板の木口や木端に加工する時はジグ要らずですが、板の平面に加工する時はそれなりの工夫が必要です。
トリマー用の平行ガイドでもいいのですが複数の板に加工する場合は取付がいちいち面倒なのと、再現性に問題があります。


チェンバロの鍵盤を加工した時のジグが使えそうなので側板をセットしてみたらピッタリでした!
クイッククランプで着脱できるフェンスを作って加工することにしました。これなら再現性もバッチリです。


Img_6194


4枚の側板の加工があっという間に完了しました。


Img_6195



Img_6196


各部材に裏板の嵌る溝を切って側板、前飾り板の曲線カットを行い、機械加工が終了しました。


Img_6202



木彫ドレッサーの製作-3

鏡の枠と支えを切り離す前に止めねじの穴を両側から開けます。


Img_6185


鏡と鏡押さえの入る段欠き加工も切り離す前にルーターで掘っておきます。
その方が部材がある程度大きいので安全に安定して加工できます。


Img_6186


段欠き加工が出来ました。鏡を入れて確認しておきます。
鏡と枠のクリアランスは1〜2mm程度なければなりません。ピッタリだと木が収縮した時、枠か鏡のどちらかが割れてしまいます。


Img_6187


バンドソーで枠と支えを切り離します。


Img_6188


支えの外周を加工し、枠に支持金具をネジ止めして鏡固定ネジを仮止めし、枠の動き具合や固定状態を確認しておきます。


枠の上部は彫刻のデザインによりカットされるので少し余裕の長さにしてあります。


Img_6190


鏡押さえを杉板で切り抜き、真鍮木ネジで裏から固定します。
デザイン上、段欠きの巾が狭いので木ネジによる枠の割れを防ぐため木ネジは5°傾けてねじ込みます。


Img_6191




一応、鏡枠と支えの部分が完成しました。次は下部の引出し部分にかかります。


Img_6192



木彫ドレッサーの製作-2

展示会も終わったので木彫ドレッサーの製作に掛かります。


粗木取りの済ませてあったシナの板をプレーナーを通して厚みを揃えます。
各部材を所定の寸法に切り分けて、まずは鏡の入る丸孔を開けます。


丸孔の加工はいろいろな方法がありますが今回は専用ジグを使ってトリマーで切り抜きます。
この方法はふつう薄板や途中で止める円弧等の場合に使いますが、今回は柔らかいシナの木ですので3回に分けて切削すれば問題ありません。但し捨て板を敷いて、捨て板にもセンター穴を開けてから加工しないと最後の切り離し時にセンターが定まらなくなるので悲惨な結果となります。うまく加工できれば写真のように真円度の高いきれいな丸孔が切り抜けます。


Img_6183


木彫ドレッサー2台分の部材が揃いました。


Img_6182



工房の整理

今日は工房へ一週間ぶりの自転車通勤ですが途中、谷筋の藤が見事に咲いていました。


Img_6178


チューリップも咲き誇っていますが見頃は私が留守中の先週だったようです。(笑)


Img_6176




展示会から持ち帰った作品の整理をし、ストーブの煙突を整備しました。
補強のワイヤーを張り直し、雨や鳥、虫が入らないようにポリ袋を被せて今年の冬まで待機です。


Img_6181



オルゴールと木工展 最終日


「オルゴールと木工」展も今日が最終日です。



今日は朝から初日に来て下さった方が息子さんを連れて来られ、お孫さんのためにとこの子を連れて帰られました。
曲はモーツァルト、シューベルト、ブラームスの子守歌が3曲入った50弁です。


20160424_230630


午後からも大勢の方がひっきりなしに来て下さり、充実した一日でした。


私は珍しい木の名前等はすぐに覚えるのですが、人の顔やお名前等はなかなか覚えられませんので今回の展示会でもいろいろと失礼があったと思いますがどうかご容赦下さい。(笑)


今年の個展も天気予報がうまく外れて?小雨の日が一日だけとたいへん天候に恵まれ、多くの方に来ていただけました。


また、来年もこの時期にここ、ギャラリー翔で個展を開催する予定です。そして今年の9月には時の音色さんの個展がありますので、その時にはオープニングコンサートで皆様にまたお目にかかれると思います。


この6日間、ありがとうございました。


オルゴールと木工展四日目 朝の散歩の巻

今朝は上々の天気だったので早めに家を出て、植物園に寄って来ました。


子供達が小さい頃はよく遊びに来たのですが、20年ぶりくらいです。



Img_6110


桜は終わり、チューリップが満開です。


Img_6132


ん、これは?


Img_6140



Img_6141


半逆光で見るチューリップが大好きです。


Img_6143



Img_6144



Img_6170


遠くから見ると赤い葉っぱのようですがこれはベニバナトキワマンサクの花です。


Img_6146


近くに寄るとこんな感じです。


Img_6147


アキニレの樹皮


Img_6155


ハルニレの樹皮にはこんな虫が・・・ゾウムシの仲間と思いますが、こんな派手な衣装だと(メイドカフェ風のエプロンまで付けてる!)鳥にすぐ食べられるのでは・・・それとも「毒があるぞ!」とアピールしてるんでしょうか?


Img_6160




バクチノキ、バラ科の常緑高木ですが常に樹皮が10cmくらいに剥げるので独特の模様を作ります。
名前の由来は賭博に負けると衣類を剥がされることから付いた名前らしいです。


Img_6169


1時間ちょっとの散策でしたがそよ風に揺れるポピー達に見送られてギャラリーに向かいました。


Img_6173


今日も展示会は盛況で午後から大勢の方にオルゴールを聴いていただきました。

明日、最終日は午後5時で終了致しますので、じっくりお聴きになりたい方はお早めにお越し下さい。


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • スペシャルランチとJUSTYの改良
  • スペシャルランチとJUSTYの改良
  • スペシャルランチとJUSTYの改良
  • Newディスクオルゴールの製作-3
  • 2017「木のかおり展」のお知らせ
  • 2017「木のかおり展」のお知らせ
  • Newディスクオルゴールの製作-2
  • Newディスクオルゴールの製作-2
  • Newディスクオルゴールの製作-2
最新コメント