毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

2016年05月

額の製作-5

シンプルな形の額5面とシンプルでない?2面の枠が完成して乾燥中です。


この新しいデッキ上のスペースは直射日光が当らず風通しがよくて、トタン屋根に近い部分はトタン板からの輻射熱で少し温度が上がるので絶好の乾燥スペースです。(あまり風の強い日はだめですが・・・)


Img_6412


Img_6413



続初夏の花

はい、今日はこれです!
この花は「イボタノキ」です。よく生け垣に植えられている「ネズミモチ」にも似ていますがネズミモチの葉っぱはもっと厚ぼったいので、葉っぱを比べればわかるようです。でもどちらも同じ仲間のモクセイ科の低木です
さすがモクセイ科の木だけあって、とてもいい香りがします。(どこかで嗅いだ香りだなと思いましたがキンモクセイに似ています。・・・今日、布袋さんとkazegさんがお茶の時間に一緒に現場検分に来てくれましたが、布袋さんが「これは生け垣を通り抜けて来たモンシロチョウの匂いや!!」と言ってました・・笑)


イボタノキの名前は樹皮に寄生するイボタロウムシが分泌する「イボタ鑞」を採取することから付いた名前です。


Img_6407


昨日の謎の白い花、これはkazegさんのコメントにより、スイカズラと判明しました!


そして、今朝は昨日より個体数が5倍くらい増えて、しかも黄色い花が増えてるんです! 
調べると咲き始めは白で徐々に黄色に変わるようです。
昨日、3つ一緒に咲いていたのは偶然のようで2つや4つというのもありました。


スイカズラは「吸い葛」と書きこの花を口にくわえて甘い蜜を吸ったことによるらしいです。
(明日、試してみるか・・・!)
またこの花の蕾は金銀花という名の生薬に使われるそうです。


Img_6408


今日は上からもよく見える所にもたくさん咲いていましたが白か黄色かはっきりしてるんです!
その中間的なのが無い!
夜の内に色が変わるのか、誰かが色を塗っているのか???(そんな訳ない!!)


Img_6410



初夏の花

今朝はちょっと変わった花に出会いました。


ノリ面の下の方に大きな葉に隠れてひっそり咲いているので見つけにくいんですが、かわった花びら?です。


Img_6402


黄花もあります。そして面白いことに必ず3つ一緒に咲いています!


Img_6405


今年はアザミが勢力を伸ばして来ました。


Img_6406



額の製作-4

新しいデザインが思い浮かんだので第一弾の3面を接着中にさっそく作ってみました。


各辺の外側をリーフのように鉋で削るので留め切りの前にこれを行います。(留め切りしてしまうとバイスで掴みにくいので)


Img_6396


栗とスプルースの2面ができました。


Img_6399


写真では目立ちませんがオイルをかけると光線の具合で陰影がはっきり出ると思います。


Img_6400


先行の3面は留めの接着ができたので契りを入れました。


Img_6401



額の製作-3

井桁形額の裏面にキーホールビットで吊り下げのための穴を加工します。
このビットは基本的にプランジタイプのルーターでしか使えませんが工夫すればトリマーテーブルでも使用できます。
トリマーテーブルにフェンスとストッパーを併用すれば安定してキー溝を加工できます。


Img_6386



Img_6387


井桁額が2面できましたが裏板を固定するトンボ金具の在庫がありませんでした!
買いに行くのも面倒なので、インターネットで注文することにします。それまでに磨いてオイル仕上げをしておきましょう。


Img_6391


シンプルな方形の額は留接ぎなので溝加工や飾り面取りがあらかじめ加工できます。


Img_6392


切り欠きは昇降盤、面取りはトリマースタンドで3面分の加工が終わりました。


Img_6393


こちらは二等辺三角形型なので底辺の仕口がちょっと複雑です。
ペティワークと昇降盤、ノミを駆使して何とか組み上がりました。


しかし、この額は何を飾るの?
まぁ、こんな額があってもいいでしょう・・・。


Img_6395



メアリーの椅子

時の音色さんから派遣されている花壇係のメアリーの椅子が腐朽菌にやられていたので新しく作り替えてあげました!


今後はこの新しいウッドデッキの欅のフェンス上が定位置となりま〜す。


Img_6390


材は山桜の端材です。 背もたれ付きなのでらくちん、らくちん・・・笑


Img_6388



額の製作-2

シンプルな額は材料が揃うまでひとまず置いて、今日は正方形の井桁の額を作りました。


材料を井桁に組んで表面にトリマーテーブルでさじ面加工、裏面にはルーターテーブルで絵の入る彫り込みを加工します。


Img_6372


φ27のラベッティングビットを使ったので各コーナーには13.5mmのアールが残ります。
ケガキ線を入れてコーナーチゼルで切り込みを入れます。


Img_6369


ケガキ線上にコーナーチゼルを軽く打ち込みます。
コーナーチゼルは刃先角がわりと大きく、切れ味も鋭くないので材の割れを考慮して深く打ち込みません。


Img_6367


コーナーチゼルの切り込みをガイドにして薄ノミで少しずつ切り込んで行きます。


Img_6373


コーナーがきれいに仕上りました。


Img_6374





5月の花

工房の敷地の奥の方に何やら赤い花がいっぱい咲いています。


Img_6382


見に行くと昨年から咲き出したアカバナユウゲショウでした。
今年は去年より数も増えているような気がします。


Img_6377



Img_6378


その手前の通路沿いには丈の低いニワゼキショウもいっぱい!


Img_6375



Img_6379




額の製作

デッキ回りの雨対策ができたのでやっと落ち着いて作品に取りかかれます(笑)


まずはシンプルに額作りから、3面作りたかったのですが、ちょうど良い栗の材が2面分しかありませんでした。
明日、栓を探してみます。(このところ少し集中して整理をしたので見覚えのある材がどこへ行ったか?・・・困ったもんです。)


Img_6365



ウッドデッキ増設工事の続きの続き

このところ晴天が続いていましたが雨が近そうなのでデッキの雨対策が気になって作品作りに集中できません。


今日は研磨盤の防雨カバーを作りました。
今まではシートを被せて縛ってあったのですが雨はかからないものの、シートの中が蒸れてかえって錆びやすくなるんです。
そこで内部が蒸れないように左右の杉板(軽くするため)にポリカの波板を張ってみました。
これなら雨はもちろんかからないし、杉板との間にうまい具合に隙間ができるので湿気も隠らないと思います。中の状態もよく見えて、軽いので取外しも特製ハンドル付きで超簡単です!


Img_6359


こちらはバイスカバーを豊富にある桐材でぜいたくに作りました。


Img_6364


バイス本体も錆を落として、シルバーの塗装をし、ピカピカになりました!(使うの、もったいない・・・笑)


Img_6363


バイスの上にある黄色い箱は昨日密かに作っていた床材の余りを使用した収納ボックスです。
これで5枚の型枠用コンパネが残らず使えました。


Img_6357



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • シンワノギス復活!
  • シンワノギス復活!
  • 新しいノギスが到着!
  • 新しいノギスが到着!
  • 新しいノギスが到着!
  • 新しいノギスが到着!
  • 新しいノギスが到着!
  • 新しいノギスが到着!
  • 新しいノギスが到着!
最新コメント