毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

2016年06月

蒸し暑い!!

こんな日は大型扇風機の風を背中から受けて製材をするに限ります。扇風機の風で蚊も寄って来ないし(笑)


今日の成果がこの写真、前からウォールナッツ、楓、山桜、モンキーポッドです。写真にはありませんが栓も10枚ばかり挽きました。


Img_6731





仲間が増えた〜!

おさかなシリーズの仲間が増えてきました!!


今回は橡です。色白で目玉がすこし大きめ(笑)
「おっとっと」に入ってるようなちょっとかわいいやつです。


Img_6728




ノミ収納箱完成

ノミの収納箱が完成し、本体を「ブラデカ工作台」に取付けました。(ローレットネジ2本で外せます。)


「ブラデカ工作台」は前の家のガレージ木工で使っていた物で、実に35年も前からずっと使っている年代物ですがいまだに健在です!「ブラデガ」はブラック&デッカー社の製品ですが現在ホームセンターで売られているこの種の折りたたみ工作台と違って実に丈夫でまったくグラツキがありません。その秘密はこの大きな湾曲のある足のチャンネル材にあります。昨今の物は足が全部直線なので、その断面積はブラデカより大きいにもかかわらず、横方向のグラツキが大きく、安定性も悪いです。このブラデカはさすがにテーブル面の合板はぼろぼろになったので厚みのある米松材に交換しましたが足腰はカクシャクとしています!


余談ですが当時のこの工作台のコマーシャルやカタログには体重100kg以上はあろうかと思われるアメリカ人がこの工作台の上に乗ってガッツポーズをしている写真がありました。(笑)


Img_6724


下段の引出しとスライド式の上蓋をセット。


なかなかすっきりとまとまりました。


Img_6725


内部はこのとおりです。けっこう収納できます。


ノミの枕は固定せずに置いてあるだけです。
固定してしまうと配置を変更したり掃除の時にかえって面倒ですので・・・
よく使う工具は取り出しやすく、使用後の収納も簡単にできないといけません。これでかなり改善されたと思いますが評価は実際に作業で使ってみないと何とも言えません。


Img_6727



ルーター修理

主にダブテールジグを使う時に使用しているポーターケーブル社のルーター690LRですが本体の動作自体はすこぶる快調なんですがだいぶ前から電源ケーブルの被服に亀裂が入ってきました。


ところがこのルーター、モーターカバーの止めネジにトルクスレンチが必要なキャップスクリューが使われており、ホームセンターへ行った時に買うつもりがずっと忘れていましたが、今日は思い出して買って来ました!
で、早々にケーブル交換です。


Img_6714


そしてケーブル付け根のプロテクターゴムが硬化して90°に曲がったまま!! これではプロテクターとしての機能を果たせません。しかも反対方向に曲げると(というか曲がりません!)亀裂が入って折れてしまいそう!


Img_6716


元付いていたケーブル、ちょうど型番の部分がすり切れて亀裂が入り読めません。MSHAはUSの電線メーカー名のようです。


どうもアメリカ製の機械は本体はいいんですがケーブルの質が悪いようです。(ゴムの脱硫不足?)


Img_6717


手持ちのメイドインジャパンのソフトVCTFケーブルに交換します。


Img_6720


プロテクターを短く切断し、(これだけあれば十分です。)ケーブル先端にプラグを付けて完了です。


とてもしなやかになりました。(笑)


Img_6721



花増えた〜!

近所のフラワーガーデンでニチニチソウやペンタスが安かったので買って来ました。


花壇の花が増えて来たのでメアリーは上機嫌です。


Img_6684



ノミ収納箱

今あるノミの収納箱はかなり前に作った物でノミの本数も増え、作業形態も以前とは変わって来ているので取り出しやすく収納しやすい、そして使う場所に最も近いところに設置できるように考えました。


2段式で上部はスライド式の蓋で常時良く使う物を収納します。


下部は引出し式です。


材料は水楢の柾目材ですが虎腑の出ていない物があったので使いました。水楢は強度があるので10mm厚で充分です。
スライド式の蓋や仕切板、引出しの底板には黄檗の合板を使います。


各部材の木取りと枠のボックスジョイントが完了しました。
自分使いなのでたいした継ぎ手など使いませんから2日でできると思います。


Img_6699


このワークベンチの下の桟に取付けます。(現在は天板オイル仕上中の巨大テーブルが鎮座しておりますが・・)


Img_6700



ウォールナッツの丸テーブル完成

テーブル表面の最終仕上に入りました。


Img_6693


オイルを掛けては1〜3日おいて研磨を繰り返します。
オルゴール等とは異なり面積が広いのでけっこうな重労働です。


Img_6694


それでもオイル塗布と研磨を繰り返すたびにウォールナッツ独特の紫色を帯びた褐色の美しい縞模様がだんだんと際立って来ます。ウォールナッツは導管が太いので一回目は吸い込みがかなり激しくて乾きも遅く2、3回掛けてもそんなに艶は出ません。欅や楓、桜等は2、3回も掛けると艶が出過ぎるくらいですが、ウォールナッツはじっくり拭き込まなければなりません。


他の木ももちろんそれぞれ美しいのですが、こと、ウォールナッツに関してはその色合いや木肌が美しくなって行くのは何とも言いようがないほどほれぼれしてしまいます。(ウォールナッツに恋しているウォールナッツ星人)



Img_6695



端材作品

曲線を取り入れた作品を作ると妙な形の端材がどんどん貯まって来ます。


そんな中からユニークな形のウォールナッツがあったのでちょっと加工を加えておさかなシリーズにしてみました。
手前の2匹はカジキマグロ?、後は・・うーん、ハナゴンドウ・・でも背びれがないのでマッコウクジラかな?(クジラはさかなじゃない!・・まぁ固いことは言わないで)


Img_6692



ウォールナッツの丸テーブル製作-9




2回目のオイル掛けが終了したので脚部を天板に正式に取付けてみました。


駒止の12本のボルトがこだわることなくスムーズに取り付きました。 ひと安心!
しかし、直径1100mmはでかいなぁ、重量的にはさほどでもないんですが人よりリーチの長い私でも持ち上げたり移動するのが大変です。


裏面は一応これで完成ですが表面はまだ3回ほどオイル掛けと研磨を繰り返します。


Img_6690



カフェ・モンタージュ

今日はブラームスのクラリネット五重奏曲、モーツァルトのそれと並んで、演奏される機会の少ないクラリネット五重奏曲の名曲です。


クラリネットの村井佑児さんは70才を超えておられるでしょう。他の4名は村井さんとは親子ほど年の違う若手の方達ですがビオラの小峰さんを始めとしてその演奏技術や音楽性はすばらしいメンバーです。(カフェ・モンタージュで演奏される方はみんなそうですが・・)


村井さんは最近は演奏活動から遠のいておられるようですが、たまたま来られたカフェ・モンタージュの音響や雰囲気が気にいり、今日の演奏会に至ったらしいです。


この曲はブラームスが作曲の筆を一旦折ったあと、名クラリネット奏者、ミュールフェルトが演奏するモーツァルトのクラリネット五重奏曲を聴いて、再び作曲したと言われています。
私としてはブラームス氏にもうひと頑張りしてもらってチェロ協奏曲も書いて欲しかったのですが・・・(笑)


それにしても今日もすばらしいコンサートでした。♫


Img_6689



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ツィターアタッチメントの試作その2
  • ツィターアタッチメントの試作その2
  • ツィターアタッチメントの試作その2
  • 秋の風物詩
  • 秋の風物詩
  • 秋の風物詩
  • 秋の風物詩
  • ツィターアタッチメントの試作
  • ツィターアタッチメントの試作
最新コメント