毎日山ごもり

定年退職後、携帯電波の届かない山の工房に毎日こもって木工やオルゴール製作に没頭している仙人?のブログです。

2016年06月

ウォールナッツの丸テーブル製作-8

昨日バンドソーでカットした脚の曲面をスピンドルサンダーで滑らかにします。
スピンドルサンダーの隣にはペティワークがあるのでそのテーブルを利用して長い貫をサポートしています。


Img_6678


クイーン・アンビットを装着したルーターで両側から面取りしたあと、サンドペーパーで滑らかに仕上げます。


Img_6679


脚部が完成しました。オイルを塗って乾燥中です。


Img_6687


天気が良くなって来たので天板にもオイルを掛けました。


しかし直径110cmもあると裏向けるだけでも大変です。
(厚みは20mmなので重量はさほどでもないんですが・・・)


Img_6682_2



あじさいコンサート

神戸の花工房JOUERさんで7月2日(土)に「あじさいコンサート」と題してオルゴールコンサートを開催します。


JOUERさんの記念すべき創立20周年記念のイベントです。
出演はいつものとおり私と時の音色森の旅人さんです。JOUERのMさんは時の音色さんの妹分なので、ということは私の神戸の妹分でもあります。


場所は阪神なら新在家駅、JRは六甲駅下車どちらも徒歩10分くらいです。ジュエさんのお店の目の前にバス停がありますがバス停の名前と路線、わかりませーん。(スミマセン)


神戸で花の妖精と音の妖精に逢いたい方は私か時の音色さん、またはJOUERさんまでどうぞご予約下さい。


0001tp


我が家の願館先に咲いているあじさいの画像でちょっと遊んでみました。


Img_6662a



ウォールナッツの丸テーブル製作-7

脚部を天板にクランプでしっかり固定し、駒止の取付け穴をセンターポンチでマーキングします。


Img_6657


先日購入したスペシャルセンターポンチが大活躍!


Img_6654


今回の駒止はM6のジョイントボルトで固定するので取付け穴はちょっと複雑な3段構造となっています。
一番先端の穴径は6.4mmなので1/4”(6.35mm)のポンチがピッタリフィットします。


Img_6660



マーキングしたセンターにドリルスタンドを使って正確な穴を開け、M6のエンザートを打ち込みましたが合計12個のタップの位置は正確で修正の必要はまったくありませんでした。


Img_6655






脚部の外側を曲面カットします。


貫と接合する前にカットしておけば簡単ですが、そうするとホゾ組の時にせっかくカットした曲線部に傷が付いたりクランプで充分な締め付けが出来ないので、ホゾ組み立て後にカットしますがバンドソーのテーブル面積は限られているので、バンドソーを作業台から床に降ろしてそばに木材をバンドソーのテーブルと同じ高さになるように積み上げ、脚部をサポートしてカットします。こうすれば安定して曲線カットが行えます。(建具屋さんが使うバンドソーでは1m以上もあるサポート用のスイングアームの付いている物もあります。)


Img_6670


脚部外側の曲線カットが終了しました。


Img_6673



奇怪な崑虫!

昨日の夕方ですが工房から何の気なしに外を眺めているとまったく見慣れぬ黒っぽい物体がゆっくりと飛んで来ました。


そう、ゆっくりとです!それも蜂やトンボのようなスマートな飛び方ではなく体も垂直に近く、重たそうに低い羽音でぶぅ〜〜んと、よたよたと飛んで来るんです。そしてわりと高い位置から高度が維持できなかったと見えて近くの草むらの低い草に止まりました。


さっそくi-Phoneをつかんで取りに言ったのがこの写真!
これ、崑虫なんですかね?それとも蛾?、木の皮に擬態?それらしい木に止まっていれば動かなければわからないでしょうが草では・・・目立ち過ぎてます!


Img_6649


こんな顔してましたが、自然界には本当に変わったけったいな生き物がいるようです。


Img_6650



ウォールナッツの丸テーブル製作-6

脚部のホゾ組ができました。


天板が20mm厚と少々うすいので通常のアリ桟ではなく、駒止で天板に固定します。
そのための駒止の入る穴を脚と貫に加工し、ローズウッドで2種類の駒止を作りました。


Img_6651


天板に脚部を仮置きしてみました。


今回の丸テーブルは天板下が32cmと低いので座った時に貫が足に当たらないようにクロスに組んでいます。
ようやくテーブルの形になってきました。


Img_6652



ニューチップソー

刃物研磨おヨシダさんにお願いしてあったチップソーが出来てきました。


昇降盤やテーブルソーの通常のブレードは厚みが2.7〜3.2mmありますが、箱等を作った時に実と蓋を切り離すとこのブレードの厚みプラスαが無くなってしまうので、できるだけ薄いものが欲しいのですが剛性の問題もあり、あまり薄くすると加工時に変形してかえって悪い結果になってしまうこともあります。


Img_6645


そこで刃先部分の厚みは1.6mm、有効切断深さ25mmで用途上ほとんどが縦挽きでかつ、切断面もきれいでなくてはなりませんのでチップの数は通常の縦挽き用より多い80枚で特注してもらった物です。


Img_6646


同じ255mmのブレードですが、左は通常の3.2mm厚さです。(チップの数は100枚)


さっそく使ってみたいのですが現在、切り離すべき箱がないのでおあずけ状態です。(笑)


Img_6647



ウォールナッツの丸テーブル製作-5

長い貫の先端のホゾを正しくカットするために昇降盤のマイターゲージに背の高い板をしっかり固定します。
この板はバックアップボードの役目もしますのでに縦長の貫をクランプで固定してバックアップボードもろとも切れば安定してカットできます。


Img_6642


バックアップボードの右端には位置決め用の小ブロックを固定します。


Img_6640


ホゾが寸法通りにきれいにカットできました。脚との接合部の強度を考慮して小根付二段ホゾとしました。
(二段ホゾは接合強度は高いのですがホゾ部分の断面積が半分程度になってしまうので根元だけは一枚ホゾとして断面積を確保します。)


Img_6641


脚のホゾ穴もトリマーで中央部を掘り込んで小根付としました。


各ホゾとホゾ穴にに合いマークを付けて2/3くらいまで押し込んで入るように調整しておきます。


貫の中央に相欠きの組み手を加工して脚部の基本加工が終了しました。


Img_6643



ウォールナッツの丸テーブル製作-4

脚のホゾ穴を角ノミ盤で加工します。
刃を研いだのでサクサクと良く切れます。大きいホゾ穴を開ける時は必ず4隅から加工します。これは連続して穴を開けて行くと僅かながら角ノミ刃が横方向に逃げるのを防ぐためです。


Img_6628


角ノミ盤で掘った穴をノミできれいに修正します。
左が修正後、右は修正前です。


Img_6629


ホゾ穴の仕上には主に以下の3種類のノミを使います。
上は突きノミ、中央はコーナーチゼル、これは文字通りホゾ穴のコーナをきれいにすっきりと仕上げます。
下は分厚い向待鑿(ムコウマチノミ)この鑿は刃巾が一定で並行に作られおり刃の厚みも分厚いです。もともと深いホゾ穴を大きな玄翁でがんがん掘るための鑿ですが私はこの重さと刃の側面が定規代わりに使えるのでホゾ穴の仕上によく使います。


Img_6634


ホゾ穴完成です。今回は強度を考慮して2段ホゾとしました。


Img_6633_2


貫のホゾを加工します。


昇降盤で深さ方向の溝を4面に切り、長手方向の書き取りを行います。例によって材が90cm以上の長さなので安定してカットできるように完全に直角の出た桜の直方体にクランプで固定して平行ガイドに沿わしてカットします。


Img_6635


ケガキ線が消えるので木口に残っているケガキ先通りにホイールマーカーで再度ケガキ線を書いておきます。


脚のホゾ穴との関係をチェックしておきます。ホゾ組は長手方向の嵌め合いが重要なので明日、加工方法を充分考えてカットすることにします。(今回の貫は巾が100mmあるのでいつも使用する自作の90mmまでのテノンカッターに入らないのです。)


Img_6637




集塵フードの考察と改良

昨日、帰りがけに作ったアクリルのバッフルプレートを早速仮付けして加工をしてみました。


先ずはボックスジョイントジグで・・・フードの前面に少し切粉が残りますがほとんど散らばることなく吸い込んでくれます。


Img_6604


次は切削屑の量が多いさじ面ビットでの面取りです。
これもけっこう吸い込んではくれるんですが先ほどより切粉が多くなりました。(切削量もかなり多いですが・・)


う〜〜ん、これはフードの前面の面取りの形状の問題アリかな?


Img_6617


ということで考察とバッフルプレートの有効性の検証を兼ねて私のトリマーテーブル用集塵フードも作ってしまいました!(笑)


バッフルプレートがスライドで任意の位置にセットできるようにしてあります!
そしてフードの下部の縁は特に中央部で出来るだけ薄く、傾斜も緩やかで滑らかになるように削ってあります。
要するに空気抵抗が少なくなるように”流線形”にすればいいわけです。(古い言葉やな!・・いやいや、ガスや液体等の流体の流れに対し渦や乱流を起こさないように流れの方向に対する断面積の変化を出来るだけ少なくするという立派な流体力学ににのっとった手法です。)


全開では集塵効率が悪いことが解っているのでまず、50%で切削してみました。
テーブルの上にはあまり飛散しませんがフードの前面の縁に僅かとフードの中にも残っています。


Img_6623_2


バッフルプレートを下げて隙間を15mm程度にしました。
さっきと同じ切削をしましたが今度はフードの中には切削屑は残っていません。これなら及第点、作った甲斐があります!


Img_6622



で、時の音色さんの分も同じように下部の縁を削りました。切削結果は良好でこのトリマーテーブルでは切粉がほとんど残りませんでした。ただしトリマーテーブルの下には少しばかり粉が飛散します。
まあ、この程度なら許されるでしょう。


Img_6626


ということでまずまず良好な結果が得られました。
凝り出すときりがありませんので今回はこのへんで・・・(笑)


Img_6627



夏の花


チューリップもとっくに終わり、メアリーが椅子を作ってもらったけど暇そうにしているので夏の花をちょっと植えてみました。


左からアルケミラモーリス、花期はもう終わっているかもしれませんがどちらかというと葉っぱを楽しむ植物?またの名を葉が聖母マリアのマントに似ているイメージから「レディーズマントル」と呼ばれています。
真ん中は星咲き日々草、右がダールベルグデージーです。


Img_6596



花壇のブロックの縁にスナゴケ?が増えて来ました。


Img_6598



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 国東濤音寮オルゴールコンサートと二人展
  • 国東濤音寮オルゴールコンサートと二人展
  • 外壁の修繕
  • 外壁の修繕
  • 辛夷の実、色づく
  • 秋の味覚
  • 秋の味覚
  • パン好き仙人のバターナイフ
  • パン好き仙人のバターナイフ
最新コメント