左右の曲面をバンドソーで挽いてバンドソーの挽き痕を鉋で均します。
 IMG_5666

サンドペーパーで整えて本体の形が完成しました。
IMG_5669

袴になる部材を留め切りして本体との嵌め合い部分の寸法を確認します。
IMG_5671

袴の部材に本体の嵌る溝を切り、下部の曲面をカットして接着します。
IMG_5673

いよいよ引出しの加工準備に入ります。
本体の内寸を測って各引出しの前板をきっちりに揃えてカットしました。
本体の蟻継ぎの僅かな隙間にはウォールナッツの粉をエポキシで溶いたパテを丹念に摺り込んでおきます。
IMG_5674