長らく使って来た昇降盤の刃口板が傷んできたので新調することにしました。
刃口板は定盤の一部となりますので正確な切削をするためには重要な部分です。
材料は硬くて摩耗に強く、寸法安定性の良いよく乾燥したカリンを使いました。
厚みを揃えて所定の寸法にカットし取付け穴とレベル調整用の孔を開けた後、ブレード固定用ナットが当たらないように中央部を彫り込みます。
以前はルーターで行いましたが今回はフォスナービットで加工してみました。
IMG_1826

フォスナービットで彫り込んで残った部分をノミでさらえます。
これはとても安全で効率の良い方法でした。ルーターに比べると加工面の肌は粗いですが隠れる面ですから問題ありません。
IMG_1827

レベル調整用ネジ孔にM4エンザートを捩じ込みます。
IMG_1828

昇降盤のテーブルに取付けて段差が無くなるようにレベル調整ネジを調整し、しっかり固定します。
ブレードを回転させて少しづつテーブルを下げて最大切り込み深さまで溝を切っておきます。
IMG_1829

ブレードのセンターに白書きでケガキ線を入れておきます。
この中央線は途中で止める加工等を行う時に非常に役立ちます。
IMG_1831