今日は午後1時からKBS京都ラジオの収録取材がありました。

4月のギャラリー翔での個展でKBSラジオカーによる中継放送を聞かれた別の番組のディレクターの方から取材の依頼を受けました。
「録音風物詩」という番組で全国の地方ラジオ34局で放送される番組です。
名称の通り録音による音源にアナウンサーやディレクターのナレーションを重ねて人、風景、習慣、行事などを描き伝える一般教養番組です。 
そして、なんとこの「録音風物詩」65年間も続いている超ロングランの番組なんだそうです。

辺鄙な我が工房までわざわざ足を運んでくれたのは二人のうら若き女性ディレクター NさんとTさん、私は木とオルゴールに関して喋り出すと一日中でも喋っていますからと前置きして予定時間をお訪ねすると今日は特に制限ありませんとの事でしたのでフルコースでご案内しました。(笑)
先ずはオルゴールや木工作品の材料となる木材倉庫から取材してもらい、続いて製材室では基準面を出したり厚みを揃えるための手押し鉋盤、プレーナーの実演も見て収録してもらいました。そしてメイン工房ではできた板材からオルゴールの箱への木取りの方法等を見てもらい、最後にギャラリー?へ
箱の形や樹種による音色の違い、共鳴箱の効果など実際に聴いて収録してもらいました。樹種による音色の違い等はけっこう微妙ですから録音でその違いがわかればとても嬉しいなと思います。

結局収録は3時半ごろまでの長時間やっていただきましたがお二方とも取材とはいえ結構楽しんでいただけたのではと思います♫♪ Nさん、Tさんお疲れさまです、ありがとうございました。

番組自体は約10分間なんですがどのように編集されるのか楽しみです。
今回収録の放送予定は2018年6月10日5:20〜5:30(KBS地区)他局は6月11日〜17日の間で放送時間は局によって異なります。
放送局と放送時間は以下のサイトを参照下さい。 
http://kayoukai.bizon.jp/rokuon/
IMG_1836