挽きものオルゴールのヒンジが完成しましたが蓋と本体に取付けるのがまた難題です。
今回はトリマーテーブルで取付面を加工することにしますが蓋は円形で表面はカーブしているので掴みどころがありません。
トリマースタンドのテーブル上にスライドテーブルを乗せてテーブルの一辺をガイドとしてスライドさせる事にしました。スライドテーブルには切り込み深さの調整機能と変形ワークが確実に固定できるようなクランプを取付けました。
左右のストッパー(A/B)の位置により切り込む巾が決定できます。
A、Bの増設ストッパーは既存のストッパーにネジで簡単に着脱可能としました。
IMG_2029

切り込み深さの調節部分です。
手前の樺材のフェンスがテーブルの手前の縁に当たって慴動する事で一定の切り込み深さとなります。
フェンスの位置(切り込み量)はこのネジで調整します。
IMG_2015