変形物用の加工ジグが完成したので早速本体側から加工しました。
掘り込み深さは一番深い部分で6mmですが高さは31mmもあるので無理をせずに1mmづつ彫り込みます。刃物は1/4"スパイラルビットを使いました。
IMG_2014

ジグに固定したままで蝶番側のコーナーを削って合わせます。
ジグから取外さないのは万一トリマースタンドで再加工の必要があった場合にピッタリ元の加工位置に合わせられるからです。
IMG_2021

蝶番を止めるための木ネジ長さを決めるために内パスを使って各部の肉厚を測定しておきます。
IMG_2022

木ネジの出せる長さが決まったのでそれに応じて座グリ穴の深さで調整します。
IMG_2025

同様にして加工の終わった蓋側です。
IMG_2028

蝶番取付が完了しました!
後は本体のフォルムに合わせて蝶番の外形を削って整えます。
IMG_2032

蓋を開けたところです。
IMG_2031