外径195mmの黄檗、50弁のムーブメントを収納するには内径165mm必要ですから最小限の寸法です。
アクリル受けを残して側面の内側は少し太鼓状に挽きます。底は極力フラットに。
しかし、この黄檗という木ですが柔らかいんですけど実に挽きにくい木です!!
刃物が切れないと順目でもきれいに挽けないし、刃物もすぐに切れ止むんです。手加工や鉋掛けではわりと扱いやすいんですけど確かに機械加工はルーターやトリマーは焼けやすいし、良く切れるチップソーでもササクレが残りますね。
IMG_2239

厚みがないので底面は12mmだけ挽いて足か袴を付けることにします。
底面は中心部を約1.5mmだけ薄く挽きました。
IMG_2238

50弁ムーブメントがピッタリ収まりました。
IMG_2241

ストッパーは先日の30弁と同じプッシュ-プル方式ですが、中央の傾斜の付いたカムを押し下げることによってストッパーレバーを約2mm右方向に押して演奏を開始します。
IMG_2245

一発できれいに収まりました!
IMG_2243