さて今夜は今年初めてのコンサート通い、カフェ・モンタージュです。
金子鈴太郎さんのチェロによるバッハの無伴奏チェロ組曲第一番、そしてお正月に相応しい黛敏郎のBUNRAKU、後半はマックス・レーガーの無伴奏チェロ組曲第一番でした。
バッハの無伴奏は大好きな曲なのでいつもよく聴いていますがやはり生演奏でしかも演奏者のすぐそばで聴けるというのは本当にすばらしいです♫ 鈴太郎さんの無伴奏は歌うバッハですね!
レーガーの無伴奏は初めて聴きました。あまり演奏されることのない作品ですがいわゆるロマン派から現代音楽へ移行しつつあるころの作曲家です。まあそんなはっきりした線引きなど実際はないわけですが確かに作風や様式の変化はそういわれればあるのかもしれません。

盛大なる拍手に応えて金子さんはアンコールにバッハの無伴奏第三番よりサラバンドとカタルーニャ民謡をパブロ・カザルスが編曲した鳥の歌でした。
今年も音楽に包まれて創作したいと思います。
IMG_3157