昨年、山桜を製材した時のカンナ屑をWさんにお送りしましたら、この山桜で染めたスカーフを送って下さいました!
同じパターンで2枚、媒染剤の違いにより発色が異なるらしいです。
写真の色再現が今一ですが左は少し黄緑がかったおとなしい色、右はえんじ色が少し強い艶やかな色です。どちらも美しいです。
生地が重なっているので濃い色に見えますが1枚で光を通すとどちらもとても優しい色合いです。
えっ、もちろん私用ではなく娘のためにと送って下さったのですが気に入ってくれると思います。
Wさん、いつもありがとうございます。
FullSizeRender

これが元の山桜の材です。
一番手前がプレーナーを通した物、後の数枚は20年以上桟積みにしてあった材です。この汚い材をプレーナーに掛けると手前の美しい木肌が現れます。そしてその鉋屑を使って布を染めると、またとない美しい色に染め上がるんですね!
いやぁ、木って本当に偉大な生物です!
IMG_2639